風災による雨漏りなら修理後でも火災保険の申請が可能

main-img

梅雨時期の豪雨や真夏のゲリラ豪雨、台風による大雨など雨の被害が多い近年では雨漏りのトラブルに見舞われることも多いのではないでしょうか。屋根の修理は意外と費用が掛かるものですが、雨水の浸水を放置しておくと、クロスや家財など屋内にも深刻なダメージをこうむる為、修理せざるを得ない場合が多いでしょう。
あまり知られていないのですが、台風などの強風によって屋根瓦や雨樋が損傷し、雨漏りが起こった場合は火災保険が適用されます。
雨漏りの原因が建物の老朽化である場合は火災保険の補償の対象外ですが、台風などの被害が多い地域では風災による被害とみなされることが多いので、自己判断で老朽化としてしまうのはもったいないことです。



少しでも風災による被害が疑われる場合は、専門の調査会社に依頼して保険が適用されるかどうか見てもらうようにしましょう。雨漏りの修理に火災保険が使えることを知らずに、すでに修理をしてしまった場合は諦めるしかないのでしょうか。
すでに工事をしてしまった場合でも、2年以内ならさかのぼって保険の申請をすることが可能です。


すでに支払った修理費用が戻ってくるのですから、積極的に利用するようにしましょう。

申請するためには風災によって破損したという証拠が必要なため、工事前の写真、工事後の写真、修理費の見積もりと領収書を揃えて提出する必要があります。



雨漏りが風災による被害なのであれば、すでに修理をしてしまった後でも火災保険を活用して修理費用を取り戻すのがおすすめです。



これからの生活

subpage01

屋根や壁などの雨漏りは、急いで対処しなければなりません。素人が屋根に上ってトタンや塗料の状態や瓦のずれや割れなど確認すること等難しい事ですし事故が起きる可能性もあるので僅かの雨漏りでも数日で費用が何倍にも増えてしまうという事はよくあることですから急いで専門業者に、無料の見積もりをお願いして、それを参考に業者の仮契約をします。...

more

生活関係の真実

subpage02

急に雨漏りがしてくると慌ててしまうことが多いのですが、雨がやんだらすぐに屋根の修理をすることが必要です。雨漏りの修理をする場合には、屋根の損傷部分だけでなく、屋根の下地や屋根裏、天井裏の修理が必要で、さらに水が壁を伝っている場合には、壁の内側や床下に被害が及んでいる場合もあるので、壁や床、天井をはがしての大規模な修繕になる場合があります。...

more

学ぼう生活の事

subpage03

住宅のトラブルの中でも発生する割合が高く、素人ではなかなか対応しづらいのが雨漏りです。原因を特定するためには高所にのぼらなければならない場合もあり、場所によっては自己修復も不可能、修理が必要な範囲によってはどれくらいの料金がかかってしまうか想像もつかないというのであれば、不安ばかりが先立ってしまうのも無理はないことです。...

more

おすすめ情報

subpage04

日本に住んでいると梅雨や真夏の集中豪雨、台風シーズンの豪雨など、とにかく雨が多いものです。住いのトラブルの中でも得に深刻である雨漏りが発生する可能性も非常に高い状況です。...

more