雨漏りは火災保険で修理できる場合も

subpage01

住宅のトラブルの中でも発生する割合が高く、素人ではなかなか対応しづらいのが雨漏りです。



原因を特定するためには高所にのぼらなければならない場合もあり、場所によっては自己修復も不可能、修理が必要な範囲によってはどれくらいの料金がかかってしまうか想像もつかないというのであれば、不安ばかりが先立ってしまうのも無理はないことです。しかし、こういったトラブルを火災保険でまかなえる事例があることは、一般にはあまり知られていないようです。


火災保険は、火事や地震などのトラブルのために加入していると思われている方も多いようですが、多くの保険には「風災補償」という項目がついています。これは、長年強風にさらされた家屋に対して適用される項目で、実際に強風による損害が原因の屋根の雨漏りを修理する際には、これを適用することができます。



例えば強風で何かが飛んできて屋根が破損し、雨漏りを起こしてしまった場合もこれに当たりますので、原因が思い当たる方は、まず業者に損傷箇所を見てもらうのも良いでしょう。

住宅の修理や塗装については、よく悪徳業者による不正なども取り沙汰されていますが、火災保険を利用して修理する際は、保険会社が業者との間に介入するため、不正を働きにくいという一面もあります。



もし、今あなたが屋根にまつわるお悩みや雨漏りにお困りの場合は、そのまま自分で業者に依頼する前に、火災保険の適用になるかどうかを調べてみましょう。そうすることで、修理料金が実質ゼロになる可能性もあります。


せっかく加入している保険ですから、できるだけ賢く利用したいものですよね。