雨漏りは火災保険で直せる

subpage01

急に雨漏りがしてくると慌ててしまうことが多いのですが、雨がやんだらすぐに屋根の修理をすることが必要です。雨漏りの修理をする場合には、屋根の損傷部分だけでなく、屋根の下地や屋根裏、天井裏の修理が必要で、さらに水が壁を伝っている場合には、壁の内側や床下に被害が及んでいる場合もあるので、壁や床、天井をはがしての大規模な修繕になる場合があります。



当然費用も高額になる傾向があるため、急に修理費用を支払うことができずに、屋根の修理をしないで放置してしまう場合がありますが、家が急激に劣化してしまうことになるので、早めに修理をすることをおすすめします。



雨漏りの修理をする場合には、火災保険が適用になることがあります。


火災保険は火事の時に備えた保険であるというイメージが強いため、雨漏り修理に使うことを考えない人が多いのですが、火災保険の風災の保証がついているプランなら、風による住宅の破損が適用になるため、風で屋根がめくれたり、はがれたりしたことが分かれば、費用を保証してもらうことができるので、保険会社に相談してみることがおすすめです。


もちろん、老朽化や経年劣化による雨漏りの場合には、風災ではありませんので保険は適用されませんが、古い住宅の場合でも、風によって屋根に損傷が与えられた場合には火災保険が適用になるため、自己判断せずに、保険会社と相談してみることをおすすめします。



保証されるかどうかにかかわらず、傷んだ屋根は早めに直す必要があることも忘れないでおきましょう。