原因によっては火災保険で雨漏りの修理ができる

subpage01

日本に住んでいると梅雨や真夏の集中豪雨、台風シーズンの豪雨など、とにかく雨が多いものです。

住いのトラブルの中でも得に深刻である雨漏りが発生する可能性も非常に高い状況です。



放置しておくと、壁紙や家具にまで影響を与えてしまうので、一刻も早く修理が必要ですが、屋根の修理は非常に高額なので、そうそう簡単に出せるものでもありません。



しかし、火災保険で雨漏りを修理することができるとしたらすぐにでも修理をしたくなるのではないでしょうか。

火災保険というと火事で家が燃えた場合にだけ適用されるというイメージがありますが、保証内容はそれだけではありません。

火災だけではなく、風水災などの自然災害による建物の損害も補償する保険となっています。火災保険で雨漏りが補償されるかどうかは原因次第です。風災補償は台風などによる災害を補償対象としています。屋根や外壁の損傷が風災害で受けたものでありそれが原因で雨漏りが発生している場合は、火災保険の補償の適用範囲となるので保険金が支払われます。


しかし、どんな場合も保険金がおりるわけではありません。
原因が経年劣化や老朽化の場合は補償の対象外となります。

台風などで受けた損害であっても、長期間放っておくと自然災害との関係性を立証することが難しくなり、老朽化とみなされてしまいます。
そのため、火災保険で雨漏りを修理する場合は、できるだけ速やかに申請することが大切です。

劣化がないかを常にチェックして、災害後に損害が発生したことを証明できるようにしておきましょう。